スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←全国の励まし、すごいねえ。 →二月のお休みは福寿草の里を訪ねました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ 3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

ブログサボっている私が一休みとはおかしい話

 ←全国の励まし、すごいねえ。 →二月のお休みは福寿草の里を訪ねました。
早春賦

春を呼ぶ女性の集いでうたった早春賦

暖かかったと思えば、冷たい風が吹き、つい“春は名のみの”

と早春賦を口ずさんでしまいます。

時にあらずと声も立てずと新しい季節の到来を期待して待つ

心が、ぴったりの歌だと思います。 

吉丸一昌作詞。中田章作曲で歌い継がれてきました。

夏草の賦・惜別の賦、などと小説の題名にも用いられていて、

「早春の歌」というよりなんだかドラマチックな感じがしませんか。

風の寒さよ”と、三寒四温の季節、春はもうすぐですね。

ひな人形

漢字で書くと雛で清少納言の時代はひいなといい、女の子の

お気に入りのおもちゃだったとか。

三月三日、ひな祭りとして定着したのは 江戸時代になってか

ららしい。

雛はひよこのことで小さく愛らしいという意味。

中村でこんな声をききました。

「天神橋の空き店舗利用して家で飾らなくなったおひな様を

持ち寄り展示して、皆さんに見に来てもらうなどできたらいい

のにね」というアイデア。

お公家さんの町らしいし、その上、市街地活性化に役立つ

取り組みとして実現できたらいいですね。 



総もくじ 3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【全国の励まし、すごいねえ。】へ
  • 【二月のお休みは福寿草の里を訪ねました。】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。