スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←自衛隊のアメリカ型貧困徴兵制度は許せない →下田の砲台跡説明版ができました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ 3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

やっと実現するか、高校生の学費無償運動

 ←自衛隊のアメリカ型貧困徴兵制度は許せない →下田の砲台跡説明版ができました。
 学費軽減へ 長年の要求運動が実現へ

 昨年、県下の新婦人で、高校生を持つお母さんへのアン

ケートをとりました。

 集計は、“子どものため”と出すしか仕方がないと頑張っている

母さんたちの苦労が明らかになりました。

 今度の総選挙では表現や温度差はあるものの、全政党が

高校生の授業料の無償化や減免。私学高校への援助、大学・

専門学生の希望者が全員受けられる貸与制奨学金制度の

創設など、マニフェストに書いています。
 
そもそも自民公明政権は無駄な公共事業・軍事費や大企業・

大資産家優遇の税制をすすめる一方で「もっと教育費を削れ」

との財界圧力の意のままに教育予算を抑え、“さらに学費は

教育で利益を受ける学生本人が負担する“の考えを貫き毎年

授業料を値上げしてきました。

1970年、国立大学の授業料は年額1万2千円だったのが

今では53万5800円。私立大学はさらに30万高くなっています。

 今度こそ、自民党が進めてきた「教育は自己責任」と決別し、

憲法26条が定める「教育を受ける権利」を保障する社会に

しなければなりません。

共産党は財源を示しながらこの願いや社会保障充実に取り

組んでいます。がんばって実現させようね
 



総もくじ 3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

 

>1970年、国立大学の授業料は年額1万2千円だったのが
>今では53万5800円。私立大学はさらに30万高くなっています。

さて・・・
1970年台って、ラーメン一杯おいくらでした?

「物価」と言うお言葉をご存じないので?


あ、共産主義では「全員が貧乏」になるしかないから
物価や貨幣価値なんて概念はないんでしたねw
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【自衛隊のアメリカ型貧困徴兵制度は許せない】へ
  • 【下田の砲台跡説明版ができました。】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。