スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←道子さんのパワフル日記 →不思議に思う私がおかしいかな
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ 3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

寒いさなかに冬眠から出てきたトトロ

 ←道子さんのパワフル日記 →不思議に思う私がおかしいかな
沖縄県民は、基地のない暮らしを求めているはずです。

今、闘われている名護市長選挙、

争点になっているのが米海兵隊の普天間基地に代わる辺野古沿岸部への

新基地建設の是非です。

 仲井真知事は、日本政府の札束交渉に目がくらみ、沖縄県民の「基地

はいらない」の願いを裏切り、辺野古埋め立てを認めました。

 「基地を受け入れて再編交付金260億円受け取る」その代償は、

1997年に米国防総省がまとめているように「辺野古沖の基地と全ての

付随設備は40年運用可能、耐用年数は200年を想定して設計され

れる」と明記。安倍首相や自民党候補はこの新基地を2222年まで、

無条件で使用容認しているのですから、普天間以上の苦痛を名護市民に

与えることになるのです。
 
[普天間基地の危険性除去の移転]のためといっているが、新しい基地

は普天間の基地機能を大きく超えるものです。沖縄にオスプレイを

400機の配備計画があり、そのうちの100機は新基地へ配備となる予定。

さらに全長257mの強襲揚陸艦(佐世保が基地)が接岸できるよう272mの

護岸建設を計画しています。

強襲揚陸艦は、12機のオスプレイを載せて現在、アジア太平洋全域をまわって

いるもので、この艦に収容されているエアクッション型揚陸艇(エルキャック)

が上陸できるようスロープも建設予定。

エルキャックを佐世保で見ましたが、海兵隊が外国へ殴りこみの上陸用に使う

もので、何で日本の基地に付属整備が必要なのでしょう。

 交付金260億円の期間は10年長くても15年。再編交付金の減額や停止は

今までの米軍再編特措法をみても政府のさじ加減でどうなるか全くわからないものです。
 
名護市長選挙。基地建設に反対し市民の命と暮らし守れとエールを送りたいと思います。



総もくじ 3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【道子さんのパワフル日記】へ
  • 【不思議に思う私がおかしいかな】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。